バイオグラフィー

5歳からヤマハピアノ教室にて、クラシックピアノを習う。高校卒業後、Bud Powell 「Jazz Giant」、 Bill Evans 「Waltz for Debby」、 Ray Bryant 「Ray Bryant Trio」を聴き、ジャズに衝撃を受け、ジャズピアニストを志す。飯田ジャズスクールにてジャズ演奏とジャズ理論を修練し、演奏活動を開始する。2016 年、国際ロータリー財団の奨学金を受け、アメリカのニュー ヨークへ留学。ニューヨーク州立大学パーチェス校の音楽部ジャズプログラムへ入学し、ドナルド・ベガに師事、大学2年時に、ジェームス・ムーディ・ジャズ・スカラーシップを授与される。また在学中よりNYにて演奏活動を開始し、リーダートリオやローカルミュージシャン達との演奏を重ねる。現在は、東京を拠点に演奏活動を精力的に行いながら、後進の指導にもあたる。